FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.10.03 (Sat)

投稿:E塚

151003-1.jpg


10月3日 日曜
定期演奏会から一か月、怒涛の遠征(?)ラッシュの始まりです。

自分のスケジュール帳に「奥出雲で演奏」しか書いておらず、指揮
者さまの車に乗り込むだけで精一杯、どんな遠くに行くのかなぁと
思っていたら、1時間もしないうちに到着。
気持ちの良い青空と、少しだけ秋の午後の陽に染まった山々が美しくて、まさに「里の秋」でした。
なになに、「佐白温泉」?いいところだなぁ、初めて来たよ・・・。

今日はここ佐白温泉のお月見会で、クインティナの演奏を披露させて
いただけるとのこと。
温泉とレストランと売店と広間が開放的につながった「長寿の館」に
入って行くと、まずはお月見会参加者全員に振る舞われるお抹茶の
サービス。感激。
売店には、美味しそうな栗やリンゴや梅干、凄く新鮮な野菜がたくさん、その思いがけない安さに目を奪われソワソワしだすS舞さんと私。
とりあえず最小限の買い物を済ませてようやく落ち着きました。
うん、やっぱりいいところだなぁ。

151003-2.jpg


お月見会の演目は、落語とクインティナの演奏。
畳の広間に座ってお抹茶をいただきながら楽しんでいただくという
趣向で、私たちは落語の後、赤い敷物の上で金屏風の前で演奏
するらしい。控え室で、ひと通り演奏曲目を通しで練習する横には、
和服に着替えて声出しをする小学生。
彼等がもう一つの演目「落語」の主役だったのです。
興味を惹かれて私も丸椅子に腰掛け、落語を鑑賞することにしました。

三味線のBGMと共に登場した男性は、なんと地元奥出雲の高尾小
の先生。3年生1人、4年生1人という超少人数の学級を担任し、彼ら
と共に落語の学習と練習を積み上げて来られたそうなのです。

「小さな学校だからこそできることや恵まれたことはたくさんある
けれど、多くの人の前で表現したり喜んでもらえる体験をさせるため
には仕掛けが必要。落語なら1人でもできるし、いつでもどこでも
道具なしでもできますから。」


と聞いて心躍る思いがしました。
そして小学生の落語!かわいくて一生懸命な声がよく響いて、登場
人物ごとに角度を変え声色を変え、すっかり引き込まれました。
本当だ、1人で何役もできて、座布団一枚分の場所で、扇子だけしか
舞台の道具も使わずに語って演じて笑わせる落語ってスゴイ!
この子たちスゴいいぃー!
(密かに目を開かれる思いで感動する私。)
いいものを見せてもらったな。

後半はいよいよ私たちの演奏です。Eテレキッズメドレー、手紙、
応援ソングメドレーなど数曲を弾きました。
明石さんのMCにもニコニコ頷き、演奏に手拍子をして下さる方達が
おられたので、それに励まされつつ甘えつつ、気持ち良く演奏させて
いただいたこと感謝します。

主催の方々と地元の方と温泉のお客様と私たち。
和みつつ、こじんまりと、
出雲弁でいえば、こぼっそらと、ひたひたと・・。

いい感じで陽が暮れていきました。
来る時は場所もろくにわかってなかったけど、
とてもいい所だなぁ・・・。
もう少し紅葉が進んだら、またここに来たいな、売店にあった野菜や
花も、もう一度ちゃんと買いに来たいな、と強く思いました。

151003-3.jpg
スポンサーサイト
EDIT  |  20:12  |  依頼演奏とゲリラ演奏  |  Top↑
 | BLOGTOP |