FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2016.05.29 (Sun)

投稿:アカマルッチ

マンドリン交歓演奏会!(その2 当日概要編)

あいにくの雨模様&メンバーによっては睡眠不足の中、何とか予定通りに会場入り。
参加各団体も続々と集まってきて、懐かしい顔があちこちに!
中でも広島市民マンドリンクラブの皆さんとの再会はやっぱり嬉しいですね~。クインティナの当日組も無事に到着し、午前中のリハーサルは初めて全員揃って鳴らすことができました。

12:30 いよいよ交歓演奏会開演!
プログラムは、「参加7団体の個別演奏」「S井先生の独奏」「参加者を2つのグループに分けての合同演奏」の3部構成で、主管団体tuttiさんからのご挨拶に続き、先ずは参加7団体が順次演奏を行いました。
規模も様々、年齢も選曲も衣装も様々…、それぞれの団体の特徴が出ていてとても楽しかったです。
曲はポピュラーからマンドリンオリジナルまで本当にバラエティに富んでいましたが、やっぱりクインティナでも演奏経験のある曲はじっくり聴いてしまいましたね。
メンバー達も他団体の皆さんの演奏から大きな刺激を受けた様子でした!

各団体の個別演奏の後は、ゲスト演奏としてS井先生が登場されました。
越智敬さん作曲の「静動」というマンドリンのあらゆる奏法を網羅した日本的な雰囲気の曲で、25分を15分ほどに短縮しての演奏でした。初めて聴く曲でしたが、重音、pizzやハーモニクスだけでなく、ブリッジの外側を弾いたりボディを叩いたり、本当に様々な奏法が登場しました。
確かに日本的な雰囲気ではありましたが、どちらかというと前衛音楽的なとてもシリアスな曲で、終始緊張感のある素晴らしい演奏でした!

最後は「全参加者を2グループに分けての合同合奏」。
Aグループが「カーペンターズメドレー」を、Bグループが「なごり雪」を演奏しました。
ユニークな試みとして、ステージ上でリハーサルを行い、そのまま本番を行うという斬新なスタイルでした。1グループあたり70人~80人くらいだったんじゃないでしょうか、O内先生のとても優しい指揮の下、和やかに気持ち良く演奏させていただきました。

160529-03.jpg


こうして3時間に及ぶ演奏会は無事終了。名残が尽きない中、広島を後にしました。
示し合わせた訳ではありませんが、偶然にも途中のサービスエリアで全員集合したりと松江に着くまで楽しい時間を過ごすことができました。
またこんな楽しい演奏旅行ができるといいですね!

お世話いただいたtuttiの皆様、
本当にありがとうございました。


(その3に続く)
スポンサーサイト
EDIT  |  19:40  |  依頼演奏とゲリラ演奏  |  Top↑
 | BLOGTOP |