FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.07.14 (Fri)

投稿:フラミンゴ

170714-1.jpg


津軽三味線☆箏☆マンドリン☆ギターの縁
響弦 重なる四つの弦のうた


~今日という日~
夢・・・久保比呂詩さんと門脇京子さんの演奏会にクインティナが共演する・・・が叶った日

~久保さんと門脇さん~
久保さんは、関西を拠点に作曲家・ピアノ・津軽三味線奏者として海外も含め幅広く活躍されているプロの音楽家です。
久保さんは、縁あって境港には何度も足を運んでいらっしゃいます。境港では、箏の門脇さんと共演されることが多く、お二人とも即興的な演奏も得意とされているようです。

~久保さんとクインティナの縁~
クインティナのA石さんが境港で行われた久保さんのコンサートにて、久保さんが作曲された楽曲をとても気に入り、クインティナでも演奏したい!と思ったのがきっかけで、久保さんとA石さんのお付き合いが始まりました。
久保さんには楽譜提供を快く承諾していただき、平成20年のクインティナクリスマスコンサートでは、久保さん作曲の「風の行方」をA石さん編曲で演奏しました。「風の行方」の演奏動画を久保さんにお送りしたところ、久保さんも気に入っていただけたようでした。その後、何度も演奏の機会があり、クインティナのレパートリーの一つとなりました。

そんなやりとりをする内に、いつか久保さんとの共演を・・・というのが夢になっていました。

170714-2.jpg


~久保さんとスタッフの皆さんについて~
昨年、久保さんが境港にいらっしゃって演奏された折には、私もA石さんと一緒に演奏後の打ち上げに参加させていただき、そこで初めて久保さんにお会いしました。プロの音楽家だというのに、とても気さくな方で、そして笑顔がとても優しくてすぐにファンになりました。
境港周辺では久保さんの津軽三味線・キーボードと門脇さんの箏の音色を定期的に聴く機会があるようです。演奏会後の打ち上げでは、K本さんをはじめとするスタッフの方々とも初めてお会いしましたが、皆さんの情熱とやさしさがそうした環境を作っているのだと思いました。

~マンドリン・ギターとの共演に向けて~
津軽三味線、箏とマンドリン、ギターがどう融合できるのか・・・!?
今回の演奏会のプログラム(選曲)及び編曲については、きっといろんなことがあったと思います。クインティナ側は全てA石さんにおんぶにだっこで良く分かりませんでしたが、楽譜の調整等いろいろと大変だったことと推察します。A石さん大変お世話になりました。

~【当日】 準備、リハ~
演奏会は平日でしたが、こんな機会はめったにありませんから、仕事をしている場合ではありません(笑)。一日休暇を取って演奏会に備えました。
午後2時頃会場のお寺へ到着してみると、すでに機材を積んだトラックが到着しており、まずはスタッフの方にご挨拶。
会場のお寺がりっぱでびっくりでした。演奏する場所を下見させていただき、洋風にいうと「シャンデリア」みたいなの「幢幡」かな?がきらきらとしている本堂の仏殿の前で、ご本尊様におしりを向けて演奏することになるようで・・・合掌!(南無阿弥陀仏・南無阿弥陀仏)

控室の和室でめいめい音を鳴らしていると、久保さん、門脇さんもいらっしゃって演奏者が揃ったところで共演する曲のいくつかをその場で鳴らすことに。初めての合わせでしたが、風の行方はひととおり止まらずに弾けた感じでした。津軽じょんがら節は、津軽三味線と箏のアドリブ的な奏法部分からマンドリン系がどこで入るかを打ち合わせ。普段、指揮に合わせて演奏している私達にとって、こうした経験はまた貴重なものとなりました。
即興でされる久保さんと門脇さんがとてもかっこよく羨ましかったぁ~ です。

実際の演奏場所でのリハーサルも準備していただき、本堂のシャンデリアだけでもキラキラ綺麗なのに、ライトが赤、青等に照らされて、クインティナ5名のメンバー各自1本ずつマイクを当てていただくという何とも有難くも緊張のセッティング!心拍数上がりまくりです。

~【当日】本番~
お客さんがお寺の本堂一杯に座っておられ150人位は来ていらっしゃる感じ!なんという集客力でしょう!
久保さん門脇さんのファンの多さと短期間での広報活動の凄さをまざまざと見せつけられました。米子MOのメンバーの方もおられ緊張!
第1部は久保さん、門脇さんお二人のステージです。クインティナのメンバーも一緒に鑑賞させていただきました。さすがに息のあった演奏でした。
第1部の最後にクインティナからA石さんとS田さんの二人が紹介されて登場!久保さんのキーボード、門脇さんの箏、A石さんのギター、S田さんのマンドリンで「いにしえの光」を演奏しました。久保さん作曲の「いにしえの光」もマンドリンとギター用にアレンジをさせていただいている楽曲です。
そして第2部はクインティナのメンバー5名で「丘を越えて」「カバレリアルスティカーナ間奏曲」「若い広場(第26回定演の宣伝)」「鍔迫(つばぜり)」の4曲を演奏しました。
そしていよいよ全メンバーにて共演です。何といっても「風の行方」を演奏できたことが嬉しかったです。私のつたない伴奏に門脇さんの箏、久保さんのキーボードのメロディが聞こえてきた時には何ともいえない嬉しい気持ちでした。
「じょんがらセッション」はマンドリン系の入り口が肝でしたが無事こなし、アンコールではA石さん作曲の「縁(えにし)」まで一緒に演奏してもらえて本当に夢のようなひと時でした。最後の「リベルタンゴ」はもう勢いで演奏しちゃいました!楽しかったです。

 ~結びに~
久保さんもクインティナとの共演を楽しみにしてくださっていたようで、演奏会の中のMCでもそのことを紹介していただき、とても光栄なことでした。
今回の機会をくださった「さかいみなと創造空間」スタッフの皆様はじめ関係者各位に感謝いたしますとともに、次の夢(クインティナのメンバー皆との共演)へ繋がって欲しいと願いつつ・・・、日誌を終えます。

170714-3.jpg

スポンサーサイト
EDIT  |  23:43  |  依頼演奏とゲリラ演奏  |  Top↑
 | BLOGTOP |